seawave service
シーウエイブサービス

今日の積み重ねが信頼であり利益です。一日一日お客様と共に発展したいと思っております。
シーウエイブでは、「明るく・楽しく」をモットーに、
お客様と過ごす時間は家族と過ごすような大事な時間と思っております。
どんな事でも正面から向き合って、話せる関係づくりこそが、シーウエイブサービスです。

会計サービス

月次監査

すべては 現場 に会社(お客様)のパワーもお客様(お客様のクライアント様)の答えも問題もあります。
シーウエイブでは 問題 こそ 価値の源泉 だと考えます。

月次監査とは、シーウエイブが顧問先を毎月訪問し、原始資料(領収書や請求書、伝票、預金通帳など)が正しく処理されているか監査して、指導することです。また、そこで、月次決算の資料(貸借対照表、損益計算書)を見ながら、未来への対策、状況の把握を行います。

①勘定科目の誤り、消費税の処理、法人税上、気を付けておかない点をチェックしていきます。

②各補助元帳、集計表、現金、預金等と試算表の残高チェックしていきます。(売掛金、買掛金など)

③粗利、売掛金回収遅れ、(回収、支払サイトチェック)前年比、予算比と参考に確認していきます。

④当月までの動き、不安点、来月以降の動きを確認し、対策を提案します。


会計ソフト入力指導

「毎日・毎月が勝負!!」

日々の入力により、その日、その時点の営業成績や財務状況が把握できるようになり、より早い段階で経営判断や資金繰りの行動を可能にします。

消費税額の予測が瞬時に可能です。
事務負担、時間、コストが軽減されます。
経理部門のスキルアップがはかれます。


「コンプライアンス」

会計事務の不正、誤りを防止できます。

決算前検討対策会

決算月の2~3ヶ月前から予測を立てます。
(場合によっては、中間決算も行います)
今期の数字の読み
消費税の額、法人税の額
節税対策
設備投資の計画
翌期の利益計画

決算報告会 SHIP

今まで、当社を含め、会計事務所では、損益計算書を中心にご説明してきましたが、シーウエイブでは貸借対照表を中心に目で見てわかりやすいツール(SHIP)を使って一緒に問題分析、共有します。

お客様の声